2015年11月21日

珠海とマカオの国境が24時間往来可能に!

スポンサード リンク


横琴.jpg

以前から噂されていた、珠海とマカオの国境が
24時間行き来可能になるという話ですが
この度正式に発表されました。

現在、珠海とマカオの国境ですが、

拱北:朝6時〜夜中の1時まで
湾仔:今年1月より閉鎖となっています。


今回対象となるのは、横琴の国境で、
24時間通関化が実現するのはマカオ・コタイと珠海・横琴の間です。

横琴の国境からはベネチアンなどが近く、
タイパ島に行く人にとっては非常に便利です。

横琴からマカオへの記事は下記からどうぞ。

横琴の国境からマカオに入国してみた

ちなみに、今回の決まりで、
拱北(ゴンベイ)の国境でも、
時間が2時間延長されます


現状:7時〜24時

変更後:6時〜25時

深センと香港が24時間往来可能になってからは、
深センの不動産、物価、賃金すべてが上昇していますが、
2016年には香港、マカオ、珠海と橋が繋がりますので、
このまま行けば珠海も深センと同じく
どんどん物価なども上がってきそうな気がします。。


▼珠海〜マカオの国境時間について

2014年12月18日午前0時から実施

横琴国境:24時間往来可能
拱北国境:6時〜25時





posted by kyou at 12:37 | Comment(0) | 珠海へのアクセス方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。